あなたの活躍できる場が沢山あります!
業界のリーディングカンパニーとして、日々成長を続ける当社には、異業種から転職してきた社員も多く在籍しています。業界的にも、まだまだ発展途上ですので、その確立されていない分野で、新たなビジネス展開へつなげたり、社内の業務を拡げたりと、多くの可能性もあります。
 ですので、異業種からの転職は当社としても大歓迎です。現在、どんな職種であっても、この会社でのがんばり次第で、あなたの活躍できる場が沢山あります!


ごあんない

テイエム技建では、異業種からの転向してきた社員も多く在籍しております。年齢・経歴など様々な経験を持った社員が活躍しています。



先輩の紹介 (営業系)

入社:2006年
職種:営業職
所属:営業部
役職:取締役 部長
前職:職人

経歴:職人として入社し、現場代理人を経て営業職となる。各セクションでの実力を認められ、現在では取締役に就任。会社組織を担うリーダーとなる。

モットー:
千里の道も一歩から。兎に角、情熱を持って取り組めば、結果は出ます。進むことを続ける事が大切です。



職人中で一番を目指していたが...
学校を卒業後、防水シーリング職人として入社しました。当時は、職人として駆け出しでしたが、一所懸命やればやるだけ給料もよく、だれにも負けない技術を身に付け、職人中で一番を目指していました。順調に仕事もこなし、公私ともに充実していました。
 しかし、そんなある日、少しの気の緩みか、現場で怪我をしてしまい、その後しばらく仕事に出る事ができない日々が続きました。当然、生活においても不安を感じて、焦りもしました。

思いがけないチャンスをもらう
職人として復帰した頃、当時の上司に「職人だけではなく、もっと広い視野で現場を見てみないか」という言葉をかけてもらい、現場代理人として現場の仕事をするようになりました。
 その時は、「職人以外の仕事も覚えておくのも、今後の役にたつかなぁ」くらいの軽い気持ちでしたが、現場代理人の仕事は、それまでの仕事とは違い、一人で黙々と作業を行うだけでなく、様々な職人さんやマンション居住者の方々などと話す機会が増え、全く違う現場の見え方になりました。
 もともと、人と話すのが嫌いではなかった事と、職人時代に経験したことを現場に伝える事で、現場代理人としての仕事も順調に進みました。自分では気づきませんでしたが、意外とお客様に気に入ってもらえたみたいで、現場の所長まで務めさせていただくまでになりました。

2つ目のチャンスをもらう
しばらくすると、2つ目のチャンスが。「営業をやってみないか?今までの職人の技術や現場代理人の経験も活かせたら、もっと大きなチャンスが待ってるぞ!」と社長に声を掛けてもらいました。
 でも、自分では「本当に自分にできるのか」「営業は難しいんじゃないか」など、不安の方が大きかったのも事実です。しかし、何と言っても、これまでにも社長が、自分の仕事をしっかり見てくれていたため、自分の知らない一面を発掘してくれた事、そしてまた、自分に新たな可能性を提案してくれた事が嬉しく、「そのチャンスを逃すものか!体当たりでやっていけば何とかなる!」と、自分に言い聞かせ、思い切って営業職に転身しました。
 もちろん、その後の事は自分だけの力ではなく、社長を含め、上司、先輩、いろんな人の協力があってのことです。今では、会社の役員を担うまでに成長させてもらいました。

営業部での最初の仕事で感じたこと
私は約3年前に営業部へ移ったのですが、今でも最初の仕事は印象深く、忘れられません。やはりそのやり方が、色々な基準というか、自分の営業スタイルの源流になっているような気がします。ですから、まじめに情熱を注いで取り組んだことは、自分にとってより良い基準となり、その後のレベルアップにも影響すると思います。

その人を見つめ、チャンスを与えてくれる会社
職人時代にケガをして、不安だった頃には、今の自分は想像もできませんでした。自分だけの視野しか無く、不安から抜け出せませんでした。
 しかし、社長や上司、先輩が私を見ていてくれて、自分では気づかない一面にチャンスを与えてくれた事で、今の自分があります。
 そして今度は、その恩返しに、私が積極的に社員と関わり、人の可能性や仕事を通して自己実現できる事を、多くの社員に伝えていきたいと考えています。


弊社は成長中の会社でもあり、若手の社員も多いのですが、自分達が良いと思う新しい価値を、より多くのお客様に知ってもらいたいと考えています。そのためには、多くの人材が必要です。また、若い社員であっても、結果が伴えば、必ず評価される会社体制になっていますので、自分の得意分野を活かし、是非、チャレンジしてみて下さい。



入社:2010年
職種:営業職
所属:営業部
役職:課長
前職:ホテル・飲食

経歴:異業種からの転向で、工事部の現場代理人として入社。ホテル・飲食業界で培ったスキルを活かし高い評価を得る。現在は課長として、大きな期待をされている。

モットー:
当たり前の事を、当たり前にやる。小さな成功の積み重ねが自信につながり、やがて大きな仕事ができるようになる。



都会にあこがれて...
田舎で生まれ育ち、都会にあこがれ大阪で仕事をする事になり、最初はホテルマンとしてスタートしました。その後は、飲食関係で15年程仕事をしていました。
 そんな中、リーマンショック以降、飲食業界は更に低価格化が進み、私の勤めていた会社も業績不振に陥っていました。

転職の出会いは突然に!
顧客として来店していたのが今の会社の社長でした。社長は、私にも気さくに声を掛けられ、お店の話しや飲食業界などの話しもしました。何度か来店される内に、建築業界の話しを聞くこともありましたが、自分の事に置き換えて考える事はありませんでした。
 ある日、社長が突然、「君の接客を建築業界で活かしてみないか?」と、私に切り出されました。その時の話しを聞いていても、最初は現場で何をすれば自分のスキルが仕事に活かされるのか、想像もつきませんでした。しかし、話しを聞く内に、現場には様々な業務があり、マンション改修工事には、居住者様への対応や説明業務があると言うことを知りました。
 また、居住者様から見た業界イメージとして、「工事の人は話しづらい」や「こわい感じがする」などのあまりよくない印象をもっている人が多いようなことを聞きました。私は思いきって「確かにそうかもしれいない。だったら自分の接客スキルを活かせば、違う視点での住人対応業務ができるのではないか」と考えるようになり、社長に「是非やらせてください!」と、思い切って、私はこの世界に飛び込みました。

アドバイスをもらうには、謙虚な気持ちを忘れない
いくら接客が出来ても、仕事の内容がわからなければ、適切な対応ができないため、最初はマンションの現場代理人として、現場へ配属となりました。当然、始めはわからなことばかりだったので、常に謙虚な気持ちを忘れず、積極的にいろんなことを経験させてもらいました。
 今でもその最初の現場はハッキリと覚えています。さすがに大変でした。
 しかし、社長から言われたように、前職の接客対応のスキルが、マンション居住者様への応対に活かすことができました。上司や先輩、仲間に支えられ、無事に工事を終えることができました。工事を無事に終えたことで、自信につながりました。

コミュニケーション術へのこだわり
前職のホテル・飲食業界の経験もあり、接客対応や説明など、人とのコミュニケーションについてのこだわりは、自分流の仕事のスタイルとして大切にしています。また、私は元々他の業界にいましたので、建設業界の技術的な言葉が、特にマンション居住者様の説明会などで伝わるかどうか、気になれば、資料作成に活かすように心がけています。
 説明会や交渉では、相手に伝わらなければ意味がありません。異業種から転向してきたからこその視点が、仕事に活かされた時にはやりがいを感じます。

信じる事と、応える事の幸せ
現実は、映画のように判りやすいものでもなく、思い通りにも中々なりません。しかし、人を信じて待つ事と、それに応えて行動する事は、少し時間が必要ですが、気持ちを通わせていれば、必ず結果が出ることも私は経験できました。幸せだと思います。
 社長の言葉を信じ、今までやってきました。今では営業部の課長として、現場での対応は勿論のこと、自分の異業種で経験したスキルを武器に、営業マンとして更なる高みを目指していきます。


私そのものがそうですが、異業種からの転職であっても、当たり前の事を当たり前にやって、成果が伴えば、必ず評価されるので、自分の取り柄や経験を活かせば、それが会社の新たな価値やサービスにつながっていきます。あなたの経験を活かすチャンスが必ずあります。




お問い合わせ・ご相談

フリーコール 0800-900-8117 9:00〜17:00(日祝除く)



バナー:東京営業所



リンク集

免責・注意事項

個人情報について

Copyright (c) since 2014 Teiemu Giken co.,Ltd. All Rights Reserved.